• 熊澤剛

つまづきから立ち直るには。



業務変革を行うにあたり、王道を行こうとしたらつまづいた話の続きです。

つまづきとは、職務定義がないこと。

職務定義がないと、「全体像がわからない」「どうあるべきかがわからない」為、業務変革が進められないと、前回お伝えしました。


では、どうリカバリするか?

まずは、対象部門の管理者に対するインタビューを実施します。

管理者が複数いらっしゃる場合は、合同インタビューでよいかと思います。


このインタビューでは、以下の3点を抑えます。

1)全体を俯瞰して、スコープ(対象範囲)を定めます

  この際、対象部門と関連部門とその関連性も合わせて把握します

2)対象部門内での組織構成と、大きな仕事の塊を把握します

3)大きな仕事のサイクルを確認します

  年次、四半期、月次、週次、日次での特長の有無を確認します


これで、つまづきの1つである「全体像がわからない」からは立ち直ることができました。

インタビューした内容は資料化して、管理者に齟齬や抜け漏れがないかを確認するとともに、その後のメンバーへのインタビューにも活用します。


では、「どうあるべきかわからない」はどうしましょう?

何かしらの課題があって、業務変革をすることになっているはずですよね?

であれば、その課題認識を持ちかけた人にインタビューしましょう。


さて、これで「どうあるべきか」がわかるのでしょうか?

そこにはまた落とし穴がありますので、詳しくは次回のブログで。

3回の閲覧

© 2018-2020 GiiD LLC.

  • Black Facebook Icon