• 熊澤剛

振り返りはポイントを絞って。



第2波、第3波に備えるBCPを検討するにも、感染拡大防止に備えつつも出口に向かうにあたっても、これまでのBCPに沿った働き方について振り返りを行うべきだと考えています。


今回のBCPの導入は、緊急事態宣言に伴い急ごしらえで見切り発車となった企業が多かったのではないかと思います。

なので、予め想定できなかった状況が発生したり、そもそもテレワークでの対応が出来ない業務があったりなど、平時に比較してのBCP上の抜け漏れは、想定内外を問わず多く見受けられたのではないでしょうか?


そうした状況から、メンバーの働き方に無理があったり、利用しているツールでは業務の要件を満たさない状況であれば、そのまま放置すると破綻を来す可能性があるからです。


とはいえ、振り返りは現在の束の間の?感染が落ち着いている間に、日々の業務を進めながら急いで行う必要がありますので、ポイントを絞る必要があります。


GiiDからは以下の3つのポイントでの振り返りをお勧めいたします。


1)制度について

・人事や経理などの社内規定と、テレワークでの働き方がマッチしていない部分がなかったか確認します


2)ツールや業務について

・テレワークで導入したツールやその運用について課題がないか確認します

・テレワークでは対応できない業務について、今後の対応方針を検討します


3)意識やマネジメントについて

・テレワークでの働き方での困りごとについて、実務面から個人のメンタルなど幅広く確認します

・マネジメントにおけるコミュニケーションロスの発生や不具合など確認します


手段としては、リモートでの面談や、チャットツールを利用して、各チームなどの組織単位で意見を収集した後、個人単位でインタビューを行うなど、複層的に行う工夫をすることで、より実態に即したものにすることができます。


緊急事態宣言はまたいつ発令されるか、誰にもわかりません。

準備の時間を稼ぐためにも、振り返りは速やかに実施しましょう。

1回の閲覧

© 2018-2020 GiiD LLC.

  • Black Facebook Icon